MTG航海日誌

MTG(主にスタン)を楽しんでいきたい僕のブログ(名前変わりました)

灯争大戦スタンダード、新コンボ紹介2

こんにちは!

今回は直接勝ちには繋がらないものの、かなり強力なコンボやシナジーを紹介していきます!

前回はこちら↓ 

www.psstandardmtg.com

 

 

 

 

 

新ナーセット+相手に手札引き直しを強いるもの

è¦ããå²ãèããã¼ã»ãã

 

 

①誘導記憶喪失

f:id:psmtg:20190501165956p:plain

ナーセットをコントロールしている状態で、出た時の誘発の対象を対戦相手にします。相手は2枚以上カードを引けないので、手札を全て追放した後、1枚だけカードを引くことになります。

誘導記憶喪失が破壊されて墓地に置かれると、追放したカードが手札に戻ってしまうため注意が必要です。

 

とはいえ相手の手数を圧倒的に減らすことができるので、格段にコントロールしやすくなります。誘導記憶喪失をそのまま守り切れればほとんどのフィニッシャーを通してもらえそうです。

 

ちなみに、こちらと組み合わせるとさらに大変なことになります。

ããã§ãªã¼ã®æéæ¹å¤

誘導記憶喪失で手札が帰ってくる条件が戦場から墓地に置かれた時(生け贄にするか破壊された時)なので、これで誘導記憶喪失を追放すると、追放された手札は二度と帰ってきません

(新たに戻ってきた誘導記憶喪失は新しい誘導記憶喪失と見なされるので戻ってきたものを破壊しても無意味)

 

その上終了ステップに戻ってきた時にもう一度同じ手順で手札を追放します。

それが相手のターンの終了ステップであれば確実に1枚はカードを引いていることになりますので、相手は1枚もカードを引けないという事態になりますw

 

 

②有事の力

æäºã®å

ナーセットをコントロールしている状態で自分のメインフェイズに唱えると、自分は7枚、相手は1枚引き直しになります。その上7以下のパーマネントが出せます。

 

もっといやらしいのは、相手ターンのドローステップの後、メインフェイズ開始前に有事の力を唱えると、こちらは7枚引き直すのに対して、相手は既に1枚ドローしてしまっているために1枚もドローできないということになります。

 

可能なら荒野の再生などと組み合わせて、自分のターンに川の叱責→相手ターンのメインフェイズ前に有事の力の流れで行動不能に追い込み、自軍を悠々と展開させて勝利、なんて流れが良さそうです。

 

 

贖いし者、フェザー+自軍対象スペル

è´ããèããã§ã¶ã¼

プレビュー時にこのブログでも取り上げたカードですね!

その時の記事はこちら↓

www.psstandardmtg.com

 

前回取り上げた時はほとんどの新カードが見えていなかったので有能そうな相棒としてラヴニカのギルドの分割アンコモンを紹介したのですが・・・

 

ææ¢ãªä¸æ

再録された果敢な一撃!

1マナでキャントリップ付きですが、これを使い回せるのっておかしくない・・・?

 

第10管åºã®è»å£åµ

しかも前回紹介したこのカードと組み合わせると占術1→1ドローですよ。使い回せる選択はさすがにやばそう…

 

既に赤白ヒロイックというデッキ名でちらほら紹介され始めています。

この辺りも組み合わせるカードとしては最適に見えますね↓

ãµã ãã®ç¾èµ°çãçã

 

他のデッキの対戦動画を見ていて対戦相手として出てきたものがあったのですが、それは赤白に緑をタッチして、こちらを採用していましたね↓

ãã ãªã®å¾ã¡ä¼ã

赤緑の分割レアの左面と似ていますが、こちらはカウンターを乗せてくれるソーサリーで赤緑1つずつの2マナ。

あちらは混成マナの2マナでインスタント、そしてトークンを生成する右面があります。

どちらを使うかは好みだと思いますが、取り回しの良さを考えると個人的には分割の方を使ってみたいなとは思います。

 

 

さらに狂気の沙汰かよと思った組み合わせがこちら↓

å°éæ­å±¤

指定するクリーチャーの片方を自軍クリーチャーにすればフェザーの効果で毎ターン土地破壊ができる、というもの。

さすがに悠長すぎるような気もしますが、一応可能なものとして知っておいて損はなさそうです。

 

 

まとめ

今回もコンボをまとめました!

ちなみにラル発展コンボと赤白でフェザーを使ったデッキ(赤白ヒロイック)は僕も組んでみようと思っています。

 

赤白ヒロイックを組むにあたって、過去の英雄的デッキを参考にしようと思いレシピを調べてみたのですが、

 

絶対に入っている果敢な一撃の再録

完全に戦識の重装歩兵の上位互換である第10管区の軍団兵の存在

何より使いまわして良いと書いてあるフェザー

 

この辺りを鑑みると英雄的というキーワードがないにもかかわらず一体どれだけカードパワーが高いんだ・・・と思ってしまいました。

ローテーション後もこの3種は使えるので、来期のスタンダードも見据えたデッキ選択としてはかなりいいのではないかな!?と思います。

 

皆さんも楽しいデッキを作って遊んでみてください!

何か見つけたら是非是非教えてくださいね!