MTG航海日誌

MTG(主にスタン)を楽しんでいきたい僕のブログ(名前変わりました)

グルールファイアーズ調整録(5):激突!ウィークエンド-前編-

前回はこちら!

www.psstandardmtg.com

 

前日のショーダウンで全敗を喫したグルール暴力団!

さすがに全敗はまずい!けどサイドボードの判断を間違えてた感じもするのでとりあえずこのまま頑張るぞ!

ということで今回はウィークエンド本番のお話!!

大ボリュームになったので、今回は前半の予選ラウンド4回戦!

 

 

 

 

プレインズウォーカーウィークエンド本番(人数少なめ)

 

ついに当日を迎えたぞ!気合は十分!

で、お店に着くと、この日の参加者は14人。立川のお店はショーダウンを土曜日にやるところが多いので、必然的に日曜日開催のお店が多くなるんですよね。そのせいで4店舗にプレイヤーが散らばって、人数が少なくなるんですよね…。

前にこのお店で優勝した2回は、どちらも20人以上参加していたんですけどね。

ぶっちゃけ、ストアチャンピオンが終わってから、週末にしかゲームデーが開催できないの、よくないと思うの…。

前はその週ならどの日に開催しても良かったらしいので、1週間に4店舗の大会出たりとかできたんですよね。それはそれで問題があったんでしょうけど。

 

でも、優勝しやすくなると気持ちを切り替えて、本番に望みます!

 

と、思ったら!

 

第1Rの途中にサイドの暴君とメインのドムリ1枚が入れ替わってることに気付いたぞwww

 

このままでやるしかねぇ!!ww

 

 

第1R:グルールミッドレンジ

 

同じLINEグループに参加していて、なぜか毎回ゲームデーの時に対戦することになる、競技プレイヤーな方とマッチアップ。何故にこうも当たるのか。いつもいろんなことを習う側なので、今回はこの壁を乗り越えたい!

 

第1ゲーム、相手が1ターン展開を遅れさせた隙にフェロックスで戦場を蹂躙、とどめにイルハグ能力でロナス着地、を決めて勝利!

 

第2ゲームは順当にパワーのあるクリーチャーを展開され、フェニックスを出してリカバリーを図るも、溶岩コイルやコンバットトリック(壮大で+4/+2修正)で対処され、チャンドラ、サルカンと並んだところで対処しきれず敗北。

 

第3ゲームは相手が土地事故。ドムリの格闘とフェロックスが噛み合い、見事にパワーで蹂躙し勝利!

 

2-1で第1R勝利!

 

 

第2R:グリクシスコントロール

 

これまた同じLINEグループの仲間とマッチアップ。初めて優勝したストアチャンピオンの決勝で死闘を繰り広げたライバルでもあります。前回のラヴニカウィークエンドでは、16人参加の中で1ゲームも落とすことなくストレート優勝。かっこいいけど負けないぞ!対面の戦績は僕の方が勝ってるもんね!!!

 

第1ゲーム、こちらの対コントロール性能が爆発!アーク弓と律動が着地して5マナ並んだところで、要らない土地をどんどん大型クリーチャーに変え、相手に対処の暇を与えることなく、イルハグ攻撃+マンモス着地で勝利!

 

第2ゲーム、こちらはいい調子でPWやクリーチャーを展開するものの、全て対処されてしまい、アドバンテージの差で敗北。

 

第3ゲーム、まさかのダブルマリガンでスタート。呪文砕き2枚と土地3枚だったので、土地と大型クリーチャーで間に合う可能性も!?ということでキープしたら、トップも呪文砕き。さすがにボトム。気持ちは完全に負けていました。

 

 

その上2ターン目に思考消去を受けてしまい、呪文砕きを1枚失い、3ターン目は呪文砕きを走らせるも、返しのターンで除去され。ここまでのドローは森、フェニックス。

完全に終わったな・・・と思った4ターン目。引いたのはここでフェロックス。

フェニックスもフェロックスも、こちらは出せる状況です。これらはどちらも相手にバレていません。

 

相手はこちらの地上を越えるために4マナボーラスを抜けないはず。であれば一か八か・・・

 

僕はフェニックスを出し、ターンを終えます。相手は難しい表情。除去がない?

 

その返し。相手はこちらの手札の枚数を確認。

 

「1枚です(相手に見られていないフェロックス)」

 

勝負を決めにきた相手は案の定、クリーチャーボーラスをキャスト!

 

「ありがとおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

 

 

  \コンニチワ^^/

f:id:psmtg:20190414212544p:plain

 

観戦していた人たち、大爆笑wwwwww

 

ここからは2体のビーストが戦場を蹂躙して勝ちました。相手も土地を引きすぎていたようで、辛くも勝利できました。あっぶねぇ・・・

 

第2R、2-1で勝利!

 

 

第3R:赤単アグロ

これまた身内の赤単使い。赤単はしっかり想定していたものの、サイドボードを変えてから対戦していなかったのでうまくいくか不安。

 

第1ゲーム、予定通りと言わんばかりに相手がなだれ込んできて敗北。こちらは大型クリーチャーが間に合わず、序盤のクロック+本体火力であっさりと焼き尽くされました。

 

第2ゲーム、こちらは想定通りのサイドボーディング。『攻撃的なマンモス』、『殺戮の暴君』、『爆発域』、『野生の律動』3枚、『ビビアンのアーク弓』2枚を抜いて、『茨の副官』3枚、『生ける竜巻』2枚、『貪る屍肉あさり』2枚、追加のドムリ君1枚を投入。

2ターン目に副官、3ターン目に竜巻と綺麗に展開し、フェロックス、ドムリと着地してから竜巻を格闘に使い、竜巻で土地をショックに変え、と相手を蹂躙して勝利。呪文砕きのおかげで、チャンドラには1発退場してもらえました。えらい!

 

第3ゲーム、サイドは変更せず。今度は初手から副官と竜巻を引けていたので、悠々と構えていると、相手は1ターン目と2ターン目で『ギトゥの溶岩走り』を3枚も展開。

これを副官竜巻コンビで足止めしつつ、竜巻の火力で溶岩走りを除去。何度か殴ることができ、ライフは優勢に。

 

これで盤石と思われるも、相手は鎖回しを連続で展開。作戦を変更し、火力呪文でまっすぐこちらのライフを削る作戦に。こちらは追加の大型生物が引けず、盤面には副官と竜巻2枚という状況。攻撃すると相手が突っ込んでくる、ジリ貧の状態に。そんな時に相手の盤面にチャンドラが着地。アドバンテージを稼ぎつつ、7点火力をジリジリと準備し始める!残りライフは着々と減っていく…まずい!

 

という状況で駆けつけたのはイルハグとフェロックス。土地は4枚。まずは落ち着いて、フェロックスを着地させる。相手のクロックが止まる。

チャンドラのドローは土地ばかりらしい。手札も切れている。ここで引いたのは5枚目の土地!イルハグが出せる!と思いましたが、相手のチャンドラの忠誠度は7。このままだと次のターンで7点が飛んできて負けてしまう・・・

 

ここで竜巻の火力をチャンドラに向けて、2点。これで奥義まで2ターンが稼げた!

 

ターンを返すと、相手は土地と火力を引き、こちらは火力3枚かチャンドラの奥義までに決めなければ負け、という状況に。

 

土地が欲しい。

 

願いが届き、引いたのは土地。イルハグが降臨するも、これでもまだ届かない・・・

この後、相手はチャンドラで火力が引けず、追加のクリーチャーを置くのみ。しかし、チャンドラの忠誠度は7。次で負けてしまう。

お祈りのドロー。引いたのは!

竜巻の能力で相手の小粒を除去しつつ、イルハグで攻撃!

ロナスを出し、相手の最善のブロックを確認すると・・・ピッタリ削りきり勝利!!!

なんとも劇的な勝利!!歓声が上がりました。

 

第3R、2-1で勝利!!

 

 

第4R:ID

 

この時点での途中経過は1位!

このままいけばシングルエリミで先行がもらえるので、2位のイケメンお兄さんとニッコリ握手。

「必ず決勝で戦いましょう!!」

と言ってくれました。イケメンすぎない???

 

第4R終了後も結局1位だったので、TOP4でのシングルエリミに1位で進出!!

全部先行じゃぁあ!!!

 

 

というところで、今回はここまで!!!

次回の後編はシングルエリミだ!!