MTG航海日誌

MTG(主にスタン)を楽しんでいきたい僕のブログ(名前変わりました)

献身環境回顧録その1(未完のマルドゥアグロ)

最近ナヤミッドレンジについて書いてますが、更新ビタ止まりしていた僕が献身発売からラヴニカウィークエンドまで何をしていたのか書いていこうと思い立ったので数回に分けて書いていきます。

f:id:psmtg:20190312164103p:plain

 もくじ

献身発売直後(赤単)

新環境に突入する前はプレマがもらえる大会がなかったのでやる気を失っていたんですが、今回はプレマがあるぞ、ということで僕のテンションは最高潮でした。

しかし、プレマをもらうためには発売から3週間でショップ大会で優勝するデッキを作る必要がありました。

 

そんな僕が新環境に突入してからとりあえず組んでみたのは赤単でした。

 

献身発売前にWindowsPCを購入してアリーナを始めていたので、フルスポ後にリストを作っていたものをそのまま作ったのですが、やはり速い!!強い!!

これは紙でも組まなくては…なんとも簡単に勝てるデッキを作ってしまったぜ、と思ってました。

 

意気揚々と紙でも組んだ僕は、これだけ早ければ対コントロールめっちゃ強いんじゃね!?と思っていたのですが…

想定していた以上にコントロールデッキとのマッチアップはキツかったのです

 

その理由がコレ↓

 クロックを打ち消された上に火力1枚分回復する吸収

手札を減らさず火力1枚分回復する活力回復

 

そしてこの頃のアリーナ環境は赤単まみれだったので、コントロール以外のデッキでも赤単は絶対に意識しなければならないデッキになっていました。こうなってしまうと、メインで勝ってもサイド後がつらい。

これはもう対策されきってウィークエンド1週間前あたりには立ち位置が怪しくなってるだろう、そしてウィークエンド1ヶ月後あたりでガードが下がって息を吹き返してくるだろうなと勝手に予想してました。

ちなみにミシックチャンピオンシップでは赤単はあまり勝ててなかったみたいで、最近また息を吹き返してきています(予想的中してしまって怖い

 

次のデッキを探そう

じゃあどんなアグロが強いのか?

探してみると前環境と同じく白単系が強いとのことだったので、とりあえずベナリア史を4枚使うぞ、ということを決めました。ただ、せっかく使えるショックランドの種類が増えたので単色というのはもったいないぞ、と思いました。

 

そうして思い付いたリストが、マルドゥでミッドレンジ寄りのアグロビートダウンデッキでした。そのリストがこちら

 

《マルドゥアグロ》

*クリーチャー 20

(1) 不屈の護衛 3

(2) 善意の騎士 3

(2) 悪意の騎士 2

(2) アダントの先兵 4

(3) 災いの歌姫、ジュディス 4

(4) 正義の模範、オレリア 1

(4) 再燃するフェニックス 2

(5) 黎明をもたらすものライラ 1

 

*呪文 16

(1) 軍団の上陸 4

(3) ベナリア史 4

(3) 屈辱 2

(4) 英雄的援軍 4

(4) 議事会の裁き 1

(4) 暴君への敵対者、アジャニ 1

 

*土地 24

神無き祭殿 4

孤立した礼拝堂 4

聖なる鋳造所 4

断崖の避難所 4

血の墓所 2

平地 4

2

 

*サイド

(1) 強迫 2

(2) アルゲールの断血 1

(2) 溶岩コイル 2

(2) トカートリの儀仗兵 3

(3) 魔性 2

(3) 恐怖の劇場 2

(4) ウルザの後継、カーン 1

(5) 炎鎖のアングラス 1

(5) 最古再誕 1

 

サイド後の戦略までハッキリしていていいんじゃない!?赤単に対してライフロスが心配だけど赤単は他のデッキに駆逐してもらおう!!

と思った僕でしたが一抹の不安がよぎります。その話はまた次回。

 

このデッキは実際に作って使ってみていないのでなんとも言えないところですが、おそらく今作るとするといろいろと変更すると思います。作ってみようと思われる方はいろいろ変えてみて作ってください。